PAGE TOP

高収益!社会貢献!空室対策!/続:利回り30%超をたたき出す!/行列のできる「高齢者向きアパート」投資攻略法DVD)

こんにちは、浦田です。

先日、「不動産・福祉連動投資法セミナーDVD」をリリースしましたが、
最近、当社では不動産事業全体の軸を「福祉」に移しています。

なぜなら、ゼッタイ需要があるとわかっているのに、誰も参入したがらない、
完全ブルーオーシャンで確実に儲かる市場だからです。

日本の人口は減り続けるのに、逆にこの分野の需要は爆増するのです。

今回は当社の管理一筋15年の高橋が、
高利回り不動産投資セミナーの第二弾として、
行列のできる「高齢者向きアパート」投資攻略法をお伝えします。

いつも空室に悩んでいるアナタ!

即満室が実現できるノウハウがあるのに、まだ「高齢者」を拒否し続けますか?

それとも、今すぐノウハウを学んで即満室、利回り30%超を実現したいですか?

後者を選んだ方は、この本セミナーDVDで学ぶことで、実現するでしょう!
今すぐセット内容を見て申し込む!



こんにちは、管理一筋15年の高橋です。

冒頭、浦田のコメントにもあった通り、

ターゲットにするのは、
賃貸最後の巨大マーケットと言われる『高齢者』向け賃貸市場です。

これまでも成長市場とは言われてきましたが、多くのオーナーが高齢者リスクを避けてきただけでなく、
積極的に高齢者を獲得するノウハウがなかった

ため、賃貸市場では爆発的に広がることはありませんでした。

せいぜい、たまたま仲介業者に「紹介された」高齢者を単に受け入れることぐらいしかできなかったのです。

しかし、今回ご紹介するのは、
積極的に高齢者を集客し、満室にするノウハウ

です。

あなたも、このノウハウを使えば「ライバル不在」、「半ば独占状態」となりその結果、
利回り30%超の不動産投資、そして、常に入居待ちの行列ができる満室経営

が実現できます。



それでは、論より証拠、
まずはセミナーダイジェスト動画と実際に受講された方の感想をご覧ください。
▼受講者のアンケートのご紹介
「最強の投資法だと言えます!」
福祉系だと国からの報酬に依存してしまい、短期的に儲けていても長期的にみるとリスクになると考えていました。そこで、これから増加していく高齢者に視点を向け、報酬に依存しないこの投資法に魅力を感じました。投資対象として、地域貢献としても両立しているため最高です!
東京都 N.H様
「築古物件の有効活用として重要な手法となる!」
貴重なお話ありがとうございました。大変タイムリーで今後、確実に発生する高齢者社会に向けて、大家にとって避けて通れない話だったと思います。実際、高齢者の入居者が増えている状態で、その対応に悩んでいたところなので、今回の話を参考に運営して行くことと、築古の物件の有効活用として重要な手法になると思われます。
東京都 K.S様
「高齢者向けの住まいニーズは、
間違いなく高まるからこそ、やるなら早くやる!!」
高齢者向きアパート経営について生々しい詳細な説明をいただきありがとうございました。今後、高齢者向け住まいのニーズは間違いなく高まり、しかし一方間違いなく参入してくるオーナーも増えるので、やるなら早くということも強く感じました。一生懸命勉強して早く取り組みたいです。
神奈川県 M.H様
「高齢者向きはブルーオーシャン!」
自社の所有する賃貸物件にご入居されている、高齢入居者様のリスク対策として受講させていただきました。孤独死や家賃滞納などの悪いイメージしか無かったのですが、回避する方法や対処方法がわかれば不安も軽減されますし、今後は積極的に高齢者を受け入れる事も可能だと思いました。また、ビジネスの点から見ると、高齢者向きサービスはブルーオーシャンであると感じました。
東京都 S.M様
「社会貢献の役割が果たせる!」
(1)保証会社の活用について、対応・対処方法等を研究していく重要性を深く感じると共に大きなヒントをいただいた。
(2)事故物件の評価について具体的事例を上げて良く理解ができた。
(3)高齢者向きアパート事業も利益確保と社会貢献で、新たな視点での事業内容で予想もしていなかった!さすが幅広いセミナー内容で今後の事業の参考になりました。
長野県 T.K様
「築古、駅遠でもまだまだ活用できる!」
築古だったり、駅から遠い物件が多くありますが、高齢者向きアパートにすることで、まだまだ活用できそうだと感じました。また地域にも貢献できそうなので、まず今持っている物件から始めていこうと思います。また孤独死などのリスクや対処方法も教えていただき、本当に勉強になりました。
香川県 O.Y様
「物件担保ではない融資は目からウロコ!」
不動産業者、建物のプロの目線、大家の目線と色々な角度から高齢者向きアパートの可能性を感じることができました。特に社会貢献事業という形で、物件担保ではない部分で融資を受けることができることは、目からウロコの発見でした。具体的なリスクヘッジ、孤独死、家賃滞納に向けた対策ができたので、実際の物件を探し始めたいと思います。自分の妻がケアマネージャーなので、大きなアドバンテージになるとわかったことが今日の一番の収穫です。
岐阜県 W.H様
etc. 他にも沢山の感想が!
目から鱗でした。今後の参考にさせていただきます。
赤尾先生の高齢者向きアパート、高齢者に対する愛情を感じられる内容に刺激を受けました。
今後も高齢者が増えるので、どうしたらよいか、何か出来ないか考えていました。今回のセミナーに参加して、今まで考えていたこと、大きな勘違いを学ぶことができ、気づきがありました。
高齢者向きアパートの投資攻略法でしたが、初めて聞くお話でした。もう少し周辺ことを学んでぜひ自分もやってみたくなりました。
新たに高齢者向きアパートを購入して、社会貢献をしていきたいと考えました。赤尾さんの「多世代接触は生きる気力に!」本当にそうだと感じました。
(1)保証会社の約款を理解すべきであることが理解できた。
(2)孤独死プランの存在は知らなかった。活用を検討したい。
(3)「通常の申込書に追加する項目」は参考になった。早速取り入れたい。(4)死後事務委任契約の活用を検討したい。
ケアマネ、ヘルパー等、福祉施設とのつながりを密にしておけば、入居者も大家も楽になれそうだと思いました。


いかがでしょうか?

実は、高齢者入居ノウハウ自体は決して難しいものではありません。

しかし、ほんの少し視点を変えるだけで、競合不在のマーケットだからこそ成功することができるのです。



▼高齢者入居の現実を直視せよ!
まずは、これから賃貸業界で起こる未来予測を具体的にこちらのグラフで解説しましょう。
日本の総人口と年代別の推移と将来推計がこちらです。
画像
出典:内閣府令和元年版高齢社会白書


いかがでしょうか?

総人口が減少していくのと合わせて、これまで賃貸のターゲットとなっていた年代の人口がどんどん減っていくのが、一目瞭然ですね。

賃貸需要の指標の一つである人口の数が減るのですから、将来の賃貸経営は空室だらけのいばらの道であることが目に見えています。

一方で、65歳以上の高齢者人口は2018年の3,558万人から、一切の減少もすることなく右肩上がりに、2045年には3,920万人まで増加すると推計されています。

客観的なデータだけ見れば、高齢者をターゲットにすべきことは、火を見るより明らかです。

しかし、あなたは高齢者と聞いて、このように感じたのではないでしょうか?
「高齢者だと収入が少ないので滞納されるのでは?「孤独死されたら面倒・・・」「もし死なれたら不動産の価値が下がってしまう・・・」「見守りサービスが必要で面倒だ・・・」

それもそのはず、こちらの表をご覧ください。
画像
出典:一般社団法人日本少額短期保険協会 孤独死対策委員会 孤独死レポート


このグラフから、孤独死は男女ともに60代が最も多く、70代、80代と合わせるとなんと、男性は全体の62%超、女性は58%超と全年代の半数を超えるということがわかります。

そうです。60歳を超え高齢者と呼ばれる世代となると、孤独死の確率は一気に高まるのです。

高齢者を受け入れたはいいが、居室で孤独死が発生すれば、家賃滞納や原状回復といった賃貸経営リスクがあなたに一気に降りかかります。

もし、その孤独死の発見が遅れ、本当の最悪ケースとなってしまえば、そこには体液が流れ、ありとあらゆる場所に亡骸の匂いが染み込む。

そして、みるみるうちにあなたの不動産の収益性と資産価値は下落するでしょう。



▼これまでの高齢者入居は偶然でしかない!?
高齢者の受け入れが賃貸業界で進まない理由は、それだけではありません。

日本が高齢化社会を迎えるにあたり、賃貸業界でも大家さんの不安やリスクを取り除くために、多くの保険商品や見守りサービスが登場しています。

まだ黎明期でもあり、残念ながら一部の先進的なオーナーだけが利用している状態です。

とはいえ、一昔前に比べると大家側のリスクは大分軽減され、高齢者を受け入れる体制は整ってきました。

しかし、いくらリスクを緩和できる商品ができたとしても、あなたのアパマンに高齢者を呼び込む術がなければ、そもそも、そのサービスを利用することすらできません。

これまで高齢者の入居といえば、たまたま仲介会社から降って出てきた話ばかり。

それ以前に、
ライフスタイルの変化に乏しい高齢者がなぜ家を探し、どのように家を探すのか

を知ってる大家も不動産業者もいないのです。

高齢者を受け入れたくても、高齢者を積極的に集客する方法が分からないため、不動産業界では高齢者入居が進まないのです。



▼行列のできる高齢者向きアパートとは!?
しかし、これまでお伝えした高齢者リスクをものともせず、高齢者がわんさか入居の列を作っているアパートがあります。

それが、本セミナーDVDで紹介する「高齢者向きアパート」です。

高齢者住宅と聞いて、おそらく、まず老人ホームやサービス付き高齢者住宅を思い浮かべたのではないでしょうか?

当然、これらの施設を新築し賃貸経営をスタートさせるには広大な土地の確保だけでなく膨大な費用がかかるため、

「自分には関係ない」
「興味がない」

と感じる人がほとんどでしょう。

しかし、「高齢者向きアパート」には、新たな土地も、膨大な新築費用もまったく必要ありません。

この「高齢者向きアパート」は、既に保有しているアパートや市場で売れ残っている物件を活用するだけで入居待ちの行列と高利回りが同時に実現できてしまうのです。

なぜ、こんなことが可能になるのでしょうか。

その秘密が、
介護事業者との連携
にあります。
画像
介護事業者と大家が連携することで「高齢者向きアパート」が実現可能!


高齢者の中には、
老人ホームに入るほどではないが、今の住まいでは都合が悪く、別の部屋で暮らしたい
という層が一定数います。

その時に助け舟を出せるのが、いつも身近で身の上話を聞いている「介護事業者」の存在です。

「介護事業者」というのは、ケアマネージャーを筆頭に介護保険のサービスを提供する事業者のこと指します。

ヘルパーが自宅を訪問し、日常生活をお手伝いしたり、施設へ送迎し入浴や食事等を提供するお仕事といえばわかりやすいかもしれませんね。

相談役となっている介護事業者のもとに、住まいの悩みが集約されていくわけですから、彼らに「高齢者向きアパート」を知ってもらうことで、自動的にあなたのアパマンが高齢者のもとへ紹介される仕組みを構築することができるわけです。

そう、「高齢者向きアパート」の肝は、物件スペックなどの「ハード面」ではなく、
「強力な集客力と見込み顧客を持つ」介護事業者といかにタイアップできるか?


にあるのです。

本セミナーDVDでは介護事業者の、「開拓方法」や「アプローチ手法」を徹底解説します。

もちろん、物件がどうでもいい、と言っているわけではありません。

しかし、「高齢者向きアパート」は、極端に言ってしまえば、いわゆる不人気物件と呼ばれるものであっても全く構いません。

例えば、その一例をあげると、

  1. 築古アパート
  2. 駅からの距離が遠い
  3. 居室空間が狭く、3点ユニット
  4. 地域需要が少なく1階が常にガラ空き

などなど。

実は、このような物件をお持ちの大家さんこそ、高齢者向けアパートへの転用がうってつけなのです。
画像
築古アパートを高齢者向きアパートとして蘇らせる!


本セミナーDVDでは、
不人気物件をどのように「高齢者向きアパート」として蘇らせていくのか、
についても徹底解説します。

既にそれらのノウハウを、当セミナーの講師、赤尾氏から教えを請い、実践した投資家たちは、
築37年、空室率50%のガラガラ物件を即満室にし、利回り27%を叩き出す!

最寄駅から徒歩70分、築30年ずっと空室に困っていた物件を満室化し利回り30%を達成!

という具合に、超高利回りを実現しています!

もしあなたが、誰からも見向きもされない不人気物件を持っているのであれば、今すぐこのノウハウを学ぶべきでしょう。

さらに、本セミナーDVDを学ぶことで、「不動産投資における物件選定の常識」が覆されることでしょう。

これまで物件選定における成功のセオリーは、駅近、築浅といった物件を探す、というものでした。

しかし、今回のノウハウを使えば、この物件選定のセオリーが、根本的に変わることになり、投資対象となる物件の選択肢の幅が広がることでしょう。



▼リスクを制するものは、不動産投資を制する!
さらに、この「高齢者向きアパート」は、何も空室対策だけに絶大な効果があるわけではありません。

介護事業者との連携は、冒頭に説明した
リスクをも劇的に緩和することができる
のです。


なぜなら、介護事業者は、高齢者の健康状態、一日の行動パターン、住まいの問題といったことは、親族以上に理解しているからに他ありません。

もうお気づきですね。

家賃の受け取りや契約更新時しか接点のない大家や管理会社では、孤独死の発見は家賃の滞納時か、腐乱した亡骸の臭いを住民が気づいたときしかありません。

しかし、介護事業者であれば、高齢者のアパートに訪問や送迎し介護するのが仕事です。毎朝通うアパート訪問時に異変があれば、いち早くその状況に気づいてくれます。

高齢入居者との関係が密で、接点の多い介護事業者の存在は大家にとってみれば、健康管理や生きがいをも提供してくれる見守りサービスのようなものなのです。
画像
リスクの少ない賃貸経営ができる!


もちろん当日は、その他にも考えうる高齢者向けアパートに潜むリスクについても、ご紹介します。

しかし、あらゆるリスクは介護事業者との連携でほぼすべて解消することができる、ということも同時に理解できるでしょう。本セミナーDVDでは介護事業者の種類から具体的な連携の仕方までしっかり学んでいただきます。

さらには、万一、孤独死等の事故物件になってしまった後の処理解決方法や、その後の運営方法までお伝えします。



▼利回り30%への道のり!
それでは、本セミナーDVDで学べるノウハウの一部をご紹介しましょう。
  • 利回り30%超を叩き出す!高齢者向きアパートとは!?
  • 高齢者を攻めの営業でごっそりと獲得し、入居待ちを作る方法とは!?
  • 老人ホーム、サ高住に迫り来るリスクとは!?
  • 介護事業者との連携が全てのリスクを緩和する!その連携方法とは!?
  • 入居待ちができる高齢者の喜ぶ部屋つくりとは!?
  • 高齢者向きアパートは事業用融資!事業用融資を受けるための具体的手法とは!?
  • 管理会社とオーナーの連携が超重要!管理会社から見たリスクマネジメント術とは!?
  • 保証会社を使い倒す!家賃以外の保証に注目した賢い保証会社の利用方法とは!?
  • 鑑定評価から導き出す!事故発生後にすべき賃貸経営とは!?
  • 事故物件は儲かる!?心理的瑕疵物件の投資手法とは!?
ここまで話をしてもなお、「高齢者」を拒否し続けるであれば、批判を恐れずに言えば、
「バカ大家」といってもいいでしょう。

どこをどう見ても、今後の賃貸経営にはこれまで多くの「バカ大家」に受け入れを拒否されて続けてきた、

高齢者の獲得がキーポイント



となるのです。

高齢化社会は、近い将来の話ではなく、既に現実のものとなっています。

あなたは、今まで通り、少ないパイを奪い合ってジリ貧の賃貸業を続けていきたいですか?

それとも、今すぐ「高齢者向きアパート運営法」をマスターし、高利回りの高齢者入居を進めていきたいでしょうか?

どちらを選ぶかはあなたの自由ですが、数年後、全く違う投資結果となることは間違いありません。

今すぐセット内容を見て申し込む!



▼セミナー講師陣の紹介
それでは、本セミナーの講師陣をご紹介しましょう。

高齢者向きアパートの会主宰/赤尾宣幸/高齢者マーケット攻略の第一人者!利回り30%を叩き出す高齢者向きアパート経営を徹底解説!

【健美家コラム】
https://www.kenbiya.com/ar/cl/akao/


【DIYで不動産経営ブログ】
http://dtin.blog.fc2.com/


【著書】 ・多世代居住で利回り30%! 高齢者向きアパート経営法
・「小規模介護事業」の経営がわかる本
・介護で苦しまない! クスリフリーとバリアありーを考える
・DIY賃貸 セルフリフォーム&リノベでファン・ファン・ファン
・これでばっちり! マンションDIY・リフォームを楽しもう
・実録 競売マンション経営(ハンドルネーム 山田 一)
高齢者向きアパートの会主宰/赤尾宣幸/高齢者マーケット攻略の第一人者!利回り30%を叩き出す高齢者向きアパート経営を徹底解説!
プロフィールを読む
福岡県生まれ。中央鉄道学園大学課程卒業。
会社員時代、競売マンションを買ってDIYでリフォームし、賃貸するという手法で大家になる。会社では能力を認められない窓際社員だったため、せめて妻の夢をかなえようとデイサービスを平成14年に立ち上げた。翌年、会社を辞めて、デイサービスに専念。
現在は、健美家コラムニスト、「家主と地主」レポーター、賃貸住宅フェア、不動産会社、NPOでのセミナー講師など活躍は多岐に渡る。高齢者向きアパートの会、DIYを楽しむ会を主宰し、これまでの豊富な知識と経験を活かし、高齢者向きアパートの立ち上げ支援を行う。賃貸経営歴26年、デイサービス経営歴は17年になる。(各情報は2019年11月時点)

プロフィールを読む
大学卒業、大手デベロッパーに入社。大手不動産流通会社にて不動産鑑定業務、法人向け売買仲介業務(一棟オフィスビル、マンション用地等)に従事。
大手監査法人在籍時においては、減損会計等の会計監査業務支援、不動産ファンド・不動産投資信託(REIT)等のコンプライアンス態勢アドバイザリー業務に従事。
2015年、株式会社ケーアイティーシーに入社し、弁護士(遺産分割協議、各種不動産に関する訴訟)・税理士(相続案件、同族間売買)等と協業し、不動産鑑定評価・簡易評価業務に従事する。
2018年においては、一棟マンション・アパート3棟の売買仲介業務を行う。

FPコミュニケーションズグループアーバン不動産情報センターマネージャー/高橋淳/賃貸管理一筋15年! <br />
管理会社から見る要諦を穿つリスクマネジメント術とは!?

プロフィールを読む
不動産とは全く違う業界を経て、オーストラリアへ渡航。帰国後、FPコミュニケーションズグループの不動産管理部門アーバン不動産情報センターに入社。
不動産業界に転身した理由は、単純に大家になって楽をしたいという不純な動機から。しかしそこで目の当たりにしたのは、大家さんの多くが空室問題に苦しみ、悩みを抱えながら大家業を営む現実。その現実を目の当たりにし、楽をするという考えは一切なくなり、厳しい賃貸経営時代を乗り越えるよう実践を繰り返し、そこで得たノウハウを基にしたアドバイスを得意とする。
これまで長期空室化した多くのアパマンオーナーから相談を受け、満室へと導いてきた。
現在は、FPコミュニケーションズグループアーバン不動産情報センターマネージャー、そして日本不動産コミュニティー認定講師として活躍中。
大規模ローンを好まず、築古区分マンションを中心に堅実で確実な投資手法を中心に資産を拡大中。



今回の講師陣は、実際に高齢入居者を積極的に受け入れ、この分野にありとあらゆる経験をしてきたプロ中のプロです。
これほどの講師陣が一同に会すことはめったにありません。
今すぐセット内容を見て申し込む!



▼教材内容と価格のご紹介
教材の内容と価格についてご説明します。
教材写真
<行列のできる「高齢者向きアパート」投資攻略法セミナー>
■セミナーDVD2枚組(合計:約214分収録)
■テキスト1冊(A4/片面/モノクロ216ページ)
■定価35,000円(税別)

※パッケージの内容は予告なく変更になる場合があります。
※本DVDは2019年11月に収録したものです。
  • 特別価格30,000円(税別)



もし、あなたが、
  • 高利回りの不動産投資をしたい!
  • 拡大する高齢者市場を味方にしたい!
  • 不動産投資で社会貢献がしたい!
  • 高齢者入居リスクを緩和する方法を知りたい!
  • 空室対策として高齢者マーケットを掘り起こしたい!
  • アパートローンではなく事業用融資を受けたい!
  • 事故物件の取扱いについて学びたい!
  • 新しい切り口の不動産投資を探している。
というのであれば、「高齢者向きアパート投資攻略法」セミナーDVDをご覧ください。

高齢者向きアパート投資コンサルタント
高橋 淳
今すぐセット内容を見て申し込む!




▼追伸
高齢者はお荷物でも、厄介者でもありません。

そもそも高齢者を受け入れる賃貸住宅は少ないので、一度入居すると、まさしく「死ぬまで」長期に渡って入居を継続してくれる可能性は高いのです。

つまり、あなたは空室リスクで、胃の痛くなる思いをすることもなくなるわけです。

安定した賃貸経営をするには、長期入居につながる高齢者をターゲットにするというのは、実に理にかなっています。

今回ご紹介する「高齢者向きアパート投資攻略法」はまだ参入者も少ないマーケット。もしあなたがこのノウハウを学べば、十分な先行者利益を得ることができるでしょう。

同じことばかりやっていれば、将来は先細り。
先太りの賃貸経営は「高齢者」にアリです。

今すぐ「高齢者向きアパート投資攻略法セミナー」DVDをご覧下さい。
今すぐセット内容を見て申し込む!