PAGE TOP

調査のプロはどこを見ているか?不動産業者に騙されない為の/究極の「不動産調査バイブル」~ホームインスペクターに頼らず、自分で物件評価できるようになる!~/全3回LIVE開催/各回限定20席/絶対お得な複数回割引/期間限定早期申込み価格

6月30日(日)までの早期申し込み【20席限定特典!】

 1回参加  通常価格 20,000円 → 25%引き 15,000円(税別)
 2回参加  通常価格 40,000円 → 32%引き 27,000円 ※満席
 3回参加  通常価格 60,000円 → 40%引き 36,000円 ※満席



こんにちは。一級建築士でホームインスペクター(住宅診断士)の岡です。

JSHIホームインスペクター認定会員/岡宏※イラスト部分は実際は写真です。


最近の不動産業界は、レオパレス21の施工不良に関するニュースでもちきりですね。

説明会に押し掛けるレオパレスオーナーさんたちをテレビで見ながら「大変だな~」なんて思っているあなた!

自分の物件は大丈夫ですか?

実際に界壁(かいへき)があるのを確かめましたか?
屋根裏に設置する壁(=会へ)が未設定/設置されている界壁も疑わしい/小屋裏以外の界壁も規定を満たしているか不明



界壁だけでなく断熱材もしっかり入っていましたか?
天井裏にあるべき断熱材もない/界壁だけでなく、断熱材もない小屋裏



今回の事件のように、法的に必要な小屋裏の界壁が「実際はなかった」などというのは最たる事例ですが、
あなたの所有する物件</b>でも同じことが起きていないと本当に言い切れますか?

もし、自信を持って「YES」と言えないのであれば、今すぐこのセミナーへお申込みください。
今すぐ「究極の「不動産調査バイブル」セミナー」の概要を見る!



▼セミナーに参加して欲しいのはこんな方
  • 有名な不動産コンサルタントからの紹介なのに、支出ばかりでまったく儲からない物件を掴まされた。
  • 節税対策になるからと言われて購入した区分マンションは、キャッシュフロー自体が赤字だった。
  • 不動産投資セミナーに参加したら、その後の即売会で煽られて瑕疵のある物件を購入してしまった。
  • 融資査定済みの物件で安心していたら、積算評価が高いだけの金食い虫の物件だった。
どうですか?不動産投資の世界は怖いですよね?

ビールを飲みながら、物件を安く買えた高笑いしているあなた!もしかしたら、こんな事例は氷山の一角かもしれません。

画像

実際、住宅の取得やリフォームでのトラブルの相談件数は、2017年に約3万件(下表)と、対岸の火事とは言えない状況です。

相談件数の年度別推移

※公益財団法人住宅リフォーム・紛争処理支援センター「相談統計年報2018」より抜粋。


上記の相談件数のグラフは、一般の住宅取得者が対象ですが、不動産投資の世界でも同様のトラブルは頻発しています。

知識のない不動産投資家は、まさにカモネギ状態。不具合がある物件を掴まされながら、まったく気づかないという状況にもなりかねません。

画像


また、実際に公益財団法人住宅リフォーム・紛争処理支援センターに相談された不具合事象の相談割合を示した表をご覧ください。

戸建住宅の不具合事象の割合ランキング

共同住宅の不具合事象の割合ランキング

※財団法人住宅リフォーム紛争処理支援センター「相談統計年報2018」より抜粋。
<特記>2017年度中の戸建住宅の相談が7776件、
共同住宅の相談が1621件のうちの割合になります。
注)不具合事象は複数カウントしているため、100%を超えています。




これをご覧いただくと、軽微な補修では済まない、数百万円単位で費用のかかる大掛かりな工事が必要な不具合事象ランキングの上位になっています。

そう、不動産投資は物件を買う前にその目利きや評価について判断を間違ってしまうと、大きなトラブルに巻き込まれ、最悪自己破産再起不能になってしまうかもしれない、という怖い側面があるのです。

無料のネット情報が溢れている現代において、何が正しくて正しくないのか?正しい判断をするためには、少なくともあなた自身が知識武装をしておかないといけないのです。
もし、あなたが自分は失敗したくない!騙されたくない!と思うなら、本セミナーにご参加いただき、正しい不動産の調査方法と判断基準を完全マスターしてください。

そしてこの講座を受講すれば、物件の調査方法だけでなく、不動産の購入指標も学ぶことができます。
今すぐ「究極の「不動産調査バイブル」セミナー」を期間限定・特別価格で今すぐ申し込む!



▼セミナーに参加すると、どんなことが学べるの?
それでは、コンテンツの一部をご紹介しましょう。
  • 販売図面から一瞬で購入判断できるポイントとは?
  • 現地で必ず見てチェックすべき〇つのポイントとは?
  • 潜んでいる瑕疵やリスクの見分け方とは?
  • 施工不良はなぜ起きる?原因から考える処方箋とは?
  • 買ってはいけない物件不動産業者のウソを一瞬で見破る方法とは?
  • 欠陥住宅のケーススタディと誰でもできる建物診断・改修費用算出の極意とは?
  • ホームインスペクター(住宅診断士)が利用するチェックリストを大公開!
などなど。

昨今、不動産の売買において、不動産仲介業者が物件の状況を消費者に明らかにするために利用しているのがホームインスペクションです。

画像

私自身も一級建築士として20年以上のキャリアはありますが、実はつい最近まで中古物件の調査方法について、確固たる知識があるとは言えない状況でした。

しかし昨年、自分自身がホームインスペクターを受験しようと勉強する中で、素人でもできる調査方法が数多くあることが分かったのです。

そこで、もし不動産投資家自身が建物の診断をできるようになれば、鬼に金棒になると思い、今回のセミナーを開催することになりました。

物件診断のために高い費用を払ってホームインスペクターに調査を依頼しなくても、あなた自身が物件を正しく評価できるようになるセミナーです。


▼物件購入の際にホームインスペクターを依頼することのメリット・デメリットは?
そもそも瑕疵物件を掴まされないために、物件購入前にホームインスペクターを頼むのが理想です。

しかし、物件購入にあたっては良い物件であればあるほど競争率が高いため、とにかく素早い判断を求められます。

なぜなら、素早く調査をしないと他の人に買われてしまうからです。

タイムリーにいつでも動いてくれるホームインスペクターがいれば良いですが、そんな暇なホームインスペクターでは逆に心配ですね(笑)

しかも、買い付けを入れる前に時間をかけてあれこれ物件を調査されるのは、売主や仲介業者にしてみれば面倒が増えるだけなので、かなり嫌がられるでしょう。

もちろん、費用もかかります。

ホームインスペクターが物件を調査して報告書を提出する費用は1件当たり6万円~8万円と言われています。

しかし、もし自分自身で調査することができたらどうでしょうか?

この費用が丸々浮きますね。

時間の面でも費用の面でも、いいことだらけだと思いませんか?
今すぐ「究極の「不動産調査バイブル」セミナー」を期間限定・特別価格で今すぐ申し込む!


ここで、ホームインスペクターが調査する場合と、自分自身がセミナーで学んだ知識で調査する場合のメリット・デメリットをまとめてみました。
ホームインスペクターが調査/自分自身が調査/比較一覧

上記の表を見ると、どちらが得か?一目瞭然ですね。
本セミナーにご参加いただければ、まさにホームインスペクターいらずのノウハウが身につけられるのです。

セミナーは全3回で、

●中古戸建住宅 調査編
●中古区分マンション 調査編
●中古1棟アパート・マンション 調査編

の3部構成になります。

画像

今回のセミナーを開催するにあたり、各地域の大家塾で「中古戸建住宅編」の内容の一部をプレ開催しました。

その感想の一部をご覧ください。




▼プレ開催した受講者アンケートはコチラ(中古戸建住宅の内容の一部です)
「不動産投資を行う上で必須のセミナー」
購入する前に必ず知っておくべき知識だと感じました。
物件購入の目安を示して頂いたことは、大変参考になりました。
A.Y様
「建物の怖い裏側を知ったセミナー」
販売図面で見落としがちな説明文など、少しでもわからないところはチェックし、明らかにすることが大事だと思いました。
匿名希望様
「不動産物件調査ではどこを見るべきか?セミナー」
物件調査で見るべきところ、点数をつけるところはわかりやすかった。自分で調査できるようなチェックリストがあれば嬉しい。
⇒セミナー講師より:今回のセミナーで用意します!
N.O様
「中古戸建に関わるリスクの見つけ方を学べるセミナー」
初参加のセミナーでしたが、図面からの読み取りや実物の写真が紹介されていて理解しやすかったです。
今後、戸建の購入を考えているので参考にしたいと思います。
匿名希望様
「お宝を探究!築古物件の価値を徹底調査セミナー」
重要なポイントを説明しているセミナーだと思いました。判断を下す具体的な方法、安ければ改修することで買っても良い物件という話しがありましたが、指標があるとわかりやすいです。
⇒セミナー講師より:今回のセミナーで用意します!
O.Y様



▼担当講師のプロフィール
株式会社FPコミュニケーションズ/チーフコンサルタント/岡宏

大学の建築学科卒業後に分譲マンション大手のゼネコンの現場監督として勤務。

社会人2年目に父親が病に倒れたことを機に転職し、設計士と現場監督を繋ぐ施工図専門の設計事務所に勤務しながら、1級建築士を最短の25歳で取得。

家庭の事情で地元に戻った後はアトリエ系の設計事務所に勤務し、建築の専門学校の教員も経験。その後、賃貸専門の大手ハウスメーカーの設計士として10年以上勤務し、政府系金融機関も対象とした融資対応業務を長きに渡り経験する。

前職在職中に不動産投資を学び、実践することで現在は4棟56戸(太陽光発電3基)をサラリーマン大家として10年近く賃貸経営しながら、自身が代表となる法人を設立して5期に渡り黒字経営。

浦田健が代表を務める株式会社FPコミュニュケーションズでは、土地活用を得意とする不動産コンサルタントとして7年目を迎える。

今回のセミナーのキッカケとなったホームインスペクター(住宅診断士)を始め、不動産及び建築系の資格は17を数える。(1級建築士、1級建築施工管理技士、宅地建物取引士、賃貸不動産経営管理士、J-REC公認 不動産コンサルタント、FP技能士、住宅ローン診断士、特殊建築物調査資格者 等)


▼浦田より今回のセミナーについて

浦田健

寿司職人が誰よりも新鮮で良いネタを仕入れるために魚市場ですることは、一瞬で魚の目利きをすることです。

不動産投資も同じで、良い物件を見極めるのは一瞬。さもなければ、ライバルに先を越されることもあるからです。

良い物件を誰よりも早く買うために、ババを掴んで買った後に後悔しないために、是非この講座のノウハウを活用してください。

今すぐ「究極の「不動産調査バイブル」セミナー」を期間限定・特別価格で今すぐ申し込む!



▼テーマ別のオススメのセミナー参加者タイプ
今回のセミナーは3回に渡って開催します。

ご自身の投資スタイルに合った回に参加するもよし、将来のために全3回をまとめて受講するもよし、都合に合わせてご参加ください。

※全3回受講の場合は、割引制度があります。
参加者タイプ別のポイント

第1回【中古戸建住宅】調査編/参加者タイプ:アグレッシブ型/汚くてもひるまない精神力を持った、DIYが得意な方。資金がなくても行動力でカバーし、調査の内容を逆手にとって鬼の指値で利回り重視のお宝物件ゲットを目指す方にお勧めします。

第2回【中古区分マンション】調査編/参加者タイプ:安定志向型/住環境を大事にし、売却時の流動性を考える方。売買事例を参考に調査内容を数値化して、売れる価格と再生する価格で指値して、不動産投資に安定を求める方にお勧めします。

第3回中古1棟アパート・マンション】調査編/参加者タイプ:リスク許容型/自身の手間をかけずに、大規模な物件で投資効率を考える方。調査によってはリスクを許容できる精神力と資金力で解決でき、キャッシュフローの最大化を重視する方にお勧めします。



▼本当に参加した方が良いのは物件オーナー!
このセミナーに参加していただきたいのは、これから投資家をしたい人だけではありません。

むしろ既に物件を所有しているオーナーに知っていただきたい内容が盛りだくさんです。

なぜオーナーが知っておいた方が良いのかというと・・・
  • 所有物件の問題の有無を知ることで安心できる。
  • 所有物件に問題があれば、解決する方法を学べる。
  • 今後の修繕のポイントがわかる。
  • 物件を高値売却するために評価を高める手法を学べる。
  • 運営のためのランニングコストの見直しとバリューアップ作戦を練れる。
  • 売却時の不動産業者からの安すぎる査定額を防ぐ(査定をする宅建士も、建築の調査はプロではない)。
  • 修繕費を減価償却することで節税にもなる。
こういったセミナーは聞くだけで前向きになったり、やる気が出たりするのは良いのですが、実行に移すにはハードルが高過ぎたり、単なる知識習得で終わってしまったりするものも多いのではないでしょうか。

話を聞いた時は満足でも、あとで振り返ってみると、何も身についていない・・・

本セミナーでは、そのようなことがないように、困った時には常に近くにある常備薬のような教材を目指しております。


▼究極の「不動産調査バイブル」セミナーに参加する本当のメリットは?
不動産投資で判断するのは自分自身です。

信頼できるメンターに恵まれ、安心して任せられる専門家とチームを組んでいても、最終的には自分自身で判断して決定するしかありません。

でもその判断基準・・・本当に正しいですか?

また既に物件を所有しているオーナー様は、自分が所有している物件の本当の価値や物件の評価は把握しているでしょうか?

固定資産税評価や金融機関の評価になる担保評価は、役所や金融機関側の都合による尺度で評価したものです。

不動産鑑定士に自分の物件の評価をお願いするのも一つですが、もし思っているより評価が低かったら、逆にショックで依頼しなければ良かったなんてことになるかもしれません。

その前に、ご自身で物件を評価できる眼を持つことをお勧めします。

ホームインスペクターによる調査業務では、専用機器で測定する方法もありますが、破壊して調査するわけでなく目視による調査内容です。
実は一般の方でも調査項目とポイントがわかれば、自分自身で対応できる調査が大半なのです。

調査で測定する専用機器も、一般の方が無料で使える簡易機器や100円ショップで購入できる機器で充分対応できてしまうのです。

あなたは本セミナーに参加することで、調査方法だけでなく具体的な改善案や費用など、多くのノウハウを学ぶことができます。

誰でも不動産調査のプロになれる!そんな究極の「不動産調査バイブル」セミナーに是非ご参加ください。

失敗しない判断基準を身につける。そのことを実感できるセミナーにあなたを招待します!


▼究極の「不動産調査バイブル」セミナーの構成
  • 知っておいて欲しい法律知識
  • 時系列によって異なる建築基準
  • ホームインスペクターの実際の業務とは?
  • 自身でチェックすることの優位性を理解する
  • 設計図や販売図面を見て、一瞬でチェックできるポイント
  • 現地でチェックするポイントと調査方法の極意
  • 事例写真から学ぶ、問題点の見つけ方と対応策
  • 対策費用と指値で、ボロ物件がお宝物件に!
  • 判断するための数値化の方法と指標を伝授
  • セミナー受講者との質問コーナー
などなど、必ずあなたにとって役立つ情報を得ることができるでしょう。

また、せっかくのライブセミナーですので、参加者の皆さんからの質問も受け付けたいと思います。ぜひ会場で直接質問をぶつけてみてくださいね!

教材化される際にはカットされてしまうかもしれないような(?)オフレコでのキワドイ質問もお待ちしております(笑)

このセミナーに参加することで、誰でもできる不動産の調査方法が学べます!

みなさんに失敗して欲しくない!そんな気持ちで、岡がお伝えします。

今すぐ「究極の「不動産調査バイブル」セミナー」を期間限定・特別価格で今すぐ申し込む!



▼テーマ別セミナーの内容を紹介
さて、各回のセミナーコンテンツの概要をご紹介しましょう。

第1回/第1回【中古戸建住宅】調査編/日時:2019年5月26日(日)14:00~16:00
  • 戸建住宅でチェックする調査・診断ポイント一覧
  • 建築時期でこれだけ違う、建物強度と仕様について
  • この床の傾きは建物全体、それとも一部?対策費はこんなに違う!
  • 仲介会社にバレないで、自分で傾きを測定できる方法とは?
第2回/【中古区分マンション】調査編/日時:2019年6月23日(日)14:00~16:00
  • 専有部と共用部の違いを理解し、リノベで蘇る戦略方法
  • 管理で買う!謄本で読み取る!区分ならではの調査ポイント
  • 長期修繕計画で読み取る物件の価値と、お得な物件の指標
  • 区分所有マンションの評価で大事な、共用部分の確認方法
第3回/【中古1棟アパート・マンション】調査編/日時:2019年7月21日(日)14:00~16:00
  • その大規模修繕は適正?それとも過剰?もしくはボッタクリ?
  • ひび割れやカビの原因と対策は?
  • エレベーターだけではない、1棟モノのリスクと注意点
  • 建物の構造と防水種別による漏水リスク、被害に遭わない処方箋


▼開催概要
調査のプロはどこを見ているか?不動産業者に騙されない為の/究極の「不動産調査バイブル」セミナー/ホームインスペクターに頼らず、自分で物件評価できるようになる!/
日 程
(全3回)
第1回/第1回【中古戸建住宅】調査編/日時:2019年5月26日(日)14:00~16:00
第2回/【中古区分マンション】調査編/日時:2019年6月23日(日)14:00~16:00
第3回/【中古1棟アパート・マンション】調査編/日時:2019年7月21日(日)14:00~16:00
場 所新橋、日本橋近くのセミナールーム(別途ご案内致します)
定 員各回20名 
講 師岡 宏(FPコミュニケーションズ チーフコンサルタント)
受講料 <早期申込み割引>6月30日(日)まで
 1回参加  ※第2回のみ
通常価格 20,000円
⇒ 25%引き 15,000円(税別)
 2回参加  ※満席
通常価格 40,000円
⇒ 32%引き 27,000円(税別)
 3回全て参加  ※満席
通常価格 60,000円
⇒ 40%引き 36,000円(税別)
今すぐ「究極の「不動産調査バイブル」セミナー」を期間限定・特別価格で今すぐ申し込む!


▼あなたが今回のセミナーに参加することで得られるモノとは?
いかがですか?

今回のセミナーは不動産投資家のみならず、既に建物を所有しているオーナー様にもご覧いただきたい理由を、お分かりになりましたか?

それは自分で学ぶことで「本当の価値や判断基準」を理解できるということです。

私は仕事柄、多くの不動産投資家と話す機会がありますが、「安い物件を買ったと思ったけど、結果的に高くついてしまった」という嘆きの声や後悔の声を良く聞きます。

また賃貸経営のオーナー様からは、「レオパレス21の問題って氷山の一角では?他のハウスメーカーや建設会社はどうなの?」など、自身が所有している物件についても疑心暗鬼になっている声も最近は多く聞きます。

本セミナーにご参加いただいた後には、そういった不安や疑心暗鬼になっている部分を自分自身で調査し判断できるようになりますので、あなたは究極の「不動産投資家・賃貸経営オーナー」になれるでしょう!

でも、専門用語が飛び交って難しいのでは?」

もしこのように思われているようでしたら、どうぞご安心ください。

日頃、コンサルティングの現場でも、なるべく専門用語を使わずにわかりやすい言葉に置き換えて説明しておりますので、今回のセミナーでも分かりやすい説明を心がけます。

当日、あなたにお会いできることを楽しみにしています。
今すぐ「究極の「不動産調査バイブル」セミナー」を期間限定・特別価格で今すぐ申し込む!


株式会社FPコミュニケーションズ
1級建築士・ホームインスペクター
岡 宏