視察に加えて特別オプションの世界遺産シーギリヤツアーを選択可能!
3月9日(木)〜13日(月)

「発売開始からわずか3週間で100戸が売れた今注目のプロジェクトはこちら」

未開のフロンティア/浦田健と行くスリランカ不動産視察ツアー/FPコミュニケーションズ(バナー)

こんにちは、浦田健です。
いままで日本、マレーシア、アメリカ、イギリスの不動産に投資をしてきましたが、私が次に狙う国は、ずばりスリランカです!

今私が手掛けているスリランカ案件は、800万円台から投資でき、実質利回りも10%以上も期待でき、さらに、キャピタルゲインも期待できるハイブリッドな投資案件です。

写真
急速度で発展中のコロンボ市内

いまASEANを含めた南アジアでこれだけのパフォーマンスが期待できる国はありません。 なぜなら、まだ個人投資家の類がほとんど入ってきていない未開のマーケットだからです。私は、ここに大きなチャンスがあると考えています。

この不動産案件であるマリンドライブホテル(仮称)の視察ツアーを開催いたします。

視察の後は現地で商談をいただくことも可能です。


今すぐ浦田健と行く海外不動産視察の旅に申込む
写真
コロンボ市内でも自然が楽しめます

最近になって、投資家の海外進出がさらに加速しています。

いったい何が起こっているのでしょうか?

今、日本はアベノミクスによる金融緩和でどんどん円を刷り続けています。 国の借金は1,200兆円を超え、その額はGDPの2倍以上に膨れあがりました。 国民一人当たりの借金は、なんと約900万!

この借金、返済できるのでしょうか?

いま国は、円の価値を下落させ、物価上昇による景気回復→税収アップというシナリオを描いていますが、人口減少、超高齢化社会を迎える日本で、これが成功するとは思えません。

しかも、つい最近、日本国債の格付けがまた下がってしまったのをご存知でしょうか?
なんと、お隣、韓国や中国よりも下がってしまったのです。(S&P格付け)

もう国民の預金で国債を買い支える余力はほとんど残ってはいません。
この先、誰が日本の国債を買ってくれるのでしょうか?

かくなる上は、超インフレからの「預金封鎖」による「借金の踏み倒し」しかありません。

日本には預金踏み倒しの前科がある!

「そんなバカな!預金封鎖などあるわけないよ」

本当にそうでしょうか?

実は、日本には前科があるのです。
昭和21年、日本は戦費でかさんだ借金(国債)を踏み倒すため、預金封鎖で「借金を踏み倒した」のです。

当時のインフレ率はなんと100倍超!

たとえば、ほんのわずかな期間に100円のアンパンが10,000円になってしまったということです。

その後、日本政府は、資産家に最大90%の財産税を課し、国民の財産を没収し借金をチャラにしたのです。日本には、こういう前科があるので、預金封鎖が絶対にないとは言えないのです。

だから、円建て資産だけをもっているのは危険!

ということで、頭の良い投資家たちは、海外マーケットに資産をシフトさせているのです。

不動産分野で先行者利益を得る絶好のチャンス!


写真 元建設大臣Janaka氏との1枚

ところで、なぜ私がスリランカに注目しているのか?
その理由をお話ししましょう。

スリランカは26年にも渡った内戦が7年前に終結。長く続いた内戦のため、国際社会からも隔離、あらゆる分野で開発が遅れています。
しかしスリランカは近年、急速な近代化を進めており、わずか5年でGDPは2倍以上になりました!

特に不動産分野で大きなチャンスが広がっているのです。

住宅事情は深刻。実に200万戸が不足しています。 さらにオフィスや商業施設なども全く不足しているため、経済成長の核となる分野でも今後急速な近代化が見込まれているのです。

ツーリストを受け入れるホテルが不足


写真 8つもの世界遺産があるスリランカ
今後ツーリストの増加が期待される

さらに観光も大きな成長が期待されています
というのもスリランカは観光資源が豊富なのです。
北海道のわずか8割の国土に8つもの世界遺産があり、世界中のツーリストがひっきりなしに訪れています。
まさしく世界中のツーリストから「インド洋の真珠」と言われるに相応しい美しい国なのです。

現在、スリランカを訪れる外国人は200万人程度ですが、空港滑走路の増設や第二ターミナルの増設工事が予定されており、さらなるツーリストの増大が期待されています。

しかし、ここに大きな問題があります。
実は、三つ星〜四つ星ホテルの供給が圧倒的に足りないのです。
そこで、良質なビジネスホテルの新設は隠れた投資ニーズになっているのです。

視察の目玉は3スターホテルプロジェクト


写真 開発用地の周辺

今回の視察ツアーでメインに視察していただくのは、現在、当社が企画監修として手がけている3スターホテルプロジェクトになります。

なぜコンドミニアムではなくホテルなのか?

ずばり圧倒的な需要があるからです。
現在、スリランカは旺盛なツーリスト需要を取り込むホテルの供給が足りていません。また、増えるビジネス需要を取り込む良質な三ツ星クラスのビジネスホテルもほとんどありません。

多くのツーリストや出張などで訪れるビジネスマンは、コストのか かりすぎる五つ星ホテルを定宿にするわけもいかず、かといってコロンボには良質な三ツ星ホテルが少ないため、みすみす旺盛な需要を取りこぼしているのです。

私はここに大きな歪みがあると考えました。

今回ご紹介するのは、首都コロンボ中心の金融街よりも、さらに地価が高い超一等地に300室以上の客室を有するホテル投資案件です。
この案件には、企画監修として私浦田健がゼロから関わっており私が代表を務める現地法人でホテルの運営から出口戦略まで関わっていく計画です。



世界的に有名な3スターホテルチェーンが運営


著名な3スターホテルチェーンが運営当社総合企画監修のホテル、いよいよ販売開始!

今回のプロジェクトで、世界的に有名な3スターホテルチェーンのフランチャイズの下で運営します。(2016年に決定済み)

誰でも知っている世界ブランドなので、世界中のネットワークからツーリストを呼び込むことができるでしょう。

また、すでに旺盛なビジネスニーズもあることから、ツーリスト、ビジネスマンの双方を取り込むことによって、投資効率は非常に高いものになると考えています。

収益は稼働率で配分するプロフィットシェアシステム


海岸沿い、駅近、商業施設近の好ホテル立地海岸沿い、駅近、商業施設近の好ホテル立地

さらに当プロジェクトの特徴は、「プロフィットシェア」システムにより運用益を配分する点です。
プロフィットシェアとは、ホテル全体の稼働率によって投資家に収益を配分するということ。

つまり、自分の部屋が空室になっていても、他の部屋が稼働していれば、その稼働率によって収益が配分されるのです。
通常、コンドミニアムへの投資ですと、完成時には賃貸が大量供給されるため、入居者が1年以上も見つからないといったことはザラです。
さらに、完成時には内装工事が必要なため、さらにコストや依頼の手間がかかります。

その点、ホテルであれば、コンドミニアムのような心配はまったく必要ありません。世界的なブランドとネットワークで世界中から利用者を取り込めるため、高稼働が期待できるからです。

さらに、稼働率で収益を投資家全員でシェアできるシステムなので、自分の部屋が空きっぱなしで心配だ、ということがありません。
もちろん内装工事済で引き渡します。部屋の家具はリースで提供されます。(リース料金別途)

***********

今回の案件は私が企画監修を行い、デベロッパーとがっちりタッグを組み、販売から完成、そして運営まですべての行程に関わっていくプロジェクトです。
そのため、私のビジネス生命をかけて本プロジェクトを推進しています。

現地オフィスにはスタッフが常駐しており、投資家の皆さんを強力にバックアップしていきます。

いますぐ視察ツアーにご参加ください


写真 本場スリランカカレーに舌鼓!

いかがでしょうか?
お宝を掘り当てた!という感じがして、ワクワクしてきませんか?

日本の行く末、そしてこれからの資産運用を考えた時に海外資産を組み入れるのは、もう当たり前の時代です。
とはいえ、どの国で資産を運用したらいいのかわからない方は、ぜひ一度スリランカにいらしてください。

実際に来ていただければ、この国のポテンシャル、需要と供給の圧倒的な歪みを実感していただける事と思います。
そしてご縁があれば、ぜひ私たちのプロジェクトに投資していただければ大変嬉しく思います。

現地ではコロンボ不動産スタッフがあなたの視察をフルサポートさせていただきます。

ぜひ、未開のフロンティア、スリランカにいらしてください。
あなたとワクワクを共有できるのを楽しみにしております。

追伸、

本プロジェクトに関するお問合せ(詳細や販売スケジュール等)は、いつでもお気軽にご連絡ください。コロンボ不動産の担当コンサルタントが丁寧に対応させていただきます。

(ご注意)
本案件の投資には、物件リスク、運営リスク、為替リスク、カントリーリスクなどがあります。投資利回りなどは確定したものではありません。実際の投資結果に関して、当社は一切の責任を追いません。投資にあたってはご自身の責任において行っていただきますのでご了承ください。


ツアーの内容

〜1日目〜

スリランカ航空スリランカ航空 直行便で約9時間

朝、成田空港に集合。
スリランカ航空の直行便での快適な空の旅をお楽しみください。

コロンボには夕方に到着。
一日目はホテルでのんびりとフライトの疲れを癒していただきます。
宿泊はコロンボ市内の4つ星のガラダリホテルを予定しています。

〜2日目〜

宿泊は4つ星ホテルGaladari Hotel宿泊は4つ星ホテルGaladari Hotel

さっそく現地視察開始。
ホテルの会議室にてブリーフィングの後、
開発用地の最寄りのBambalapitiya駅に移動。
Bambalapitiyaの開発用地の周辺をたっぷりと視察します。

ランチはコロンボで評判の高いスリランカカレーを予定。(費用別途)

ランチの後は、コロンボ市内で現在開発中のホテルやコンドミニアムのモデルルームを見学。
その後ホテルに戻り質疑応答の時間を設けます。

ご希望の方には、現地商談会および銀行口座開設手続きをおこなっていただきます。

またディナーは南インド料理レストランにて!(費用別途)
カレー三昧ですが、スリランカカレーとまた一味違った南インドカレーをご堪能いただけます。

※現地集合による参加も可能です。
 その場合は2日目の行程のみご参加いただきます。

〜3日目〜

残りの日程は自由にお過ごしいただきます。スリランカを少しでも気に入ってお帰りいただきたいとの願いを込めて、3つのオプショナルツアーを準備しております。ご希望の方はどれか一つをお選びいただけます。(費用別途)

世界遺産シーギリヤツアー(1泊2日)

天空の遺跡シーギリヤ天空の遺跡シーギリヤ

スリランカで一番人気の観光地と言っても過言ではない世界遺産シーギリヤ。最近は日本のテレビで紹介されることも多くなってきました。約1,500年前に建造された天空の遺跡をお楽しみください。帰りにはもう一つの世界遺産ダンブッラの石窟寺院もお楽しみいただきます。

3日目
朝食後、専用車がホテルへお出迎え シーギリヤへ 約5時間
途中、ローカルレストランにて昼食
到着後、世界遺産シーギリヤロック観光
観光後、ホテルへ
ホテルにてご夕食
<シーギリヤ:ホテルシーギリヤまたは同等クラス>
-----
4日目
朝食後、ダンブッラへ 約30分
世界遺産ダンブッラの石窟寺院観光
観光後、空港へ 約5時間
途中、ローカルレストランにて昼食
空港近隣のスーパーマーケットなどでお買い物
フライトのお時間に合わせて空港へ

世界遺産ゴール日帰り観光

世界遺産のゴールフォート世界遺産のゴールフォート

スリランカ南部の港町「ゴール」。大航海時代、インド洋に面したこの小さな半島には、ポルトガルやオランダによって新たな建造物と街を囲む要塞が築かれました。そのためゴール旧市街は、スリランカ中部に集中する壮大な仏教史跡の世界遺産とは趣が異なり、ヨーロッパ諸国の統治を示すコロニアル調の街並みが残っています。

朝、ホテルを出発し、世界遺産ゴールへ向かいます。
ゴールでは教会やモスクなどコロニアル調の建物を楽しみながら散策したり、ショッピングも楽しんでいただけます。
インド洋の海沿いのレストランにて昼食。
帰路にはウミガメの飼育場をご見学いただきます。
ホテルにて解散。

コロンボ1日観光

バワ建築の国会議事堂
バワ建築の国会議事堂

スリランカの首都スリジャヤワルダナプラコッテにてバワが建築した国会議事堂を見学したり、コロンボ市内のデパートやスーパーでゆっくり買い物が楽しめるオプションツアーです。

09:00 ホテル出発、ペターマーケット(下車観光)
スリジャヤワルダナプラコッテの国会議事堂(外から観光)
昼食&ショッピング@オデール(現地払いでお好きなものをどうぞ)
J.R. ジャヤワルダナメモリアルセンター(下車観光)
ショッピング@パラダイスロード&アルピコスーパーマーケット
ガンガーラマヤ&シーママラカヤ寺院(下車観光)
18:00 ホテル着 

〜4日目〜

フライトの時間までゆっくり自由行動をお楽しみください。
(シーギリヤツアーの方は3日目から継続となります。)

16:00ごろにホテルを出発して空港に向かいます。
(シーギリヤツアーの方は直接空港に向かいます。)

〜5日目〜

早朝に成田空港に到着。解散となります。

■旅行概要

★参加料金
旅行代金(大人お一人様 / 1名1室利用 )
◆基本代金(エコノミークラス) 219,900円
◆基本代金(ビジネスクラス) 419,900円
◆基本代金(3/10のみ参加。現地集合・解散) 34,900円
【オプション】シーギリヤ1泊2日ツアー(1/28-29) 79,000円
【オプション】ゴール1日ツアー(1/28) 25,000円
【オプション】コロンボ1日ツアー(1/28) 15,000円

  • 表記の基本代金は2017年2月6日現在のものです。お申込みのタイミングによって料金は異なります。また、満席によりご手配を承れない場合もございますのであらかじめご了承ください。
  • 上記の基本代金の他に、空港施設使用料(2,610円)、現地空港税(5,640円)、航空保険料(約1,000円) 、電子渡航認証ETA登録実費(35米ドル)、電子渡航認証ETA取得代行手数料(2,160円)が別途加算となります。 原油価格の高騰に伴い燃油特別付加運賃が発生し、また発券時のレートにより現地空港税が変更になる可能性があります。
  • 現地集合・解散の場合は、行程のうちの2日目のみご参加いただきます。 (現地集合・解散の料金には、専用車料金、ガイド料金、施設利用料を含みます。)
  • 視察日に共益費としておひとり10,000円を集金して、視察日の昼食代、夕食代、飲み物代に充てさせていただきます。
 
【日程・行程】

【1】
3/9(木)

成田(11:20)発(UL455)→コロンボ(17:50)着

到着後、専用車にてホテルへ

食事:昼(機内食)・夜(機内食)[コロンボ泊]

【2】
3/10(金)

ホテルにて朝食

ホテルの会議室に移動してブリーフィング
専用車にて市内視察。
ホテル建設予定地周辺の視察に加えて、
コロンボ市内で現在建設中のコンドミニアムやホテルを視察します。

終了後、会議室に戻り質疑応答。
ご希望の方には現地商談会および銀行口座開設手続をおこなっていただきます。

食事:朝[コロンボ泊]

【3】
3/11(土)

ホテルにて朝食

・オプショナルツアー
  \こΠ篁坤掘璽リヤ1泊2日
  ∪こΠ篁坤粥璽詁帰り観光
  コロンボ1日観光
・自由時間

食事:朝[シーギリヤまたはコロンボ泊]

【4】
3/12(日)

ホテルにて朝食

・オプショナルツアー(シーギリヤ)
・自由時間

専用車にて空港へ

コロンボ(19:50)発(UL454)→成田空港へ

食事:朝・夜(機内食)[機内泊]

【5】
3/13(月)

成田(7:30)着

通関後、解散

食事:朝(機内食)

★同行
浦田健
※ツアー2日目の視察日に同行します。
※他の日程は旅行会社のガイドが同行します。


 
★期間
2017年3月9日(木)〜3月13日(月)<3泊5日> 

★参加条件
有効なパスポートをお持ちの方、
有効なパスポートをお持ちでない場合は、至急申請のお手続きが可能な方。
心身ともに健康な方。


★募集要項 ※とても大切な内容です。以下必ず最後までお読みください。
【日程・行程】
  • 上記の通りです。
  • 天候や自然現象、戦乱、運輸機関における争議行為などの事由により、日程・行程は変更または中止となることがあります。また、変更に伴い追加費用が生じる場合には、お客様にご負担いただくこともあります。
  • 最終行程表・資料等は、旅行の10日前〜7日前にお送りします。
 
【宿泊】
  • ガラダリホテル(4星)または同等クラス。
  • 1名様1室のご利用です。
  • 2人1部屋ご利用の場合の1人当たりの料金は、上記の金額よリマイナス25,000円となります。
  • オプションのシーギリヤツアーで2人1部屋ご利用の場合の1人当たりの料金は、上記の金額よリマイナス10,000円となります。
 
【飛行機】
  • スリランカ航空(成田国際空港発着)
  • 全席禁煙です。
 
【定員】
  • 15名
    ※定員になり次第締め切らさせていただきます。
 
【お申し込み〆切日】
  • 2017年2月27日(月)午後12時
 
【最小催行人数】
  • 3名
    ※お申し込み締め切り時点で定員に満たない場合、旅行は中止とさせていただきます。ただし、ご参加者の同意をいただき、条件・料金を変更することで旅行を実施することがございます。予めご了承ください。
 
【旅行代金に含まれるもの】
  • 航空運賃
  • 宿泊料金:ガラダリホテル、または同等クラス
  • 現地交通費:空港-ホテル間の移動、視察訪問の専用車料金
  • 日本語ガイド:専用車に1名
  • 食事代:毎朝食
  • 2日目の会議室使用料(ガラダリホテル)

  •  
【旅行代金に含まれないもの】
  • 添乗員費用:添乗員は同行いたしません(不動産視察には浦田健が同行いたします。)
  • 空港税:空港施設使用料(2,610円)、現地空港税(5,640円)、航空保険料(約1,000円) の合計が加算となります。
    ※原油価格の高騰に伴い燃油特別付加運賃が発生し、また発券時のレートにより現地空港税が変更になる可能性があります。
  • 渡航手続き諸費用:旅券印紙代、予防接種料金
  • スリランカ電子渡航認証ETA登録料:US$35
  • スリランカ電子渡航認証ETA取得代行手数料:\2,160
  • 出入国記録書の作成および検疫カードの作成代行料:なし
  • 訪問先への手土産品代
  • 税・サービス料:現地団体行動中の税及びサービス料
  • 個人的な費用:クリーニング代、電報・電話代、ホテルでのチップ、その他追加飲食費等個人的性質の諸費用及びそれに伴う税・サービス料金
  • 関税:おみやげ品及び持込品にかかる関税
  • 医療費:傷害・疾病に関する医療費
  • 旅行傷害保険料:任意の海外旅行傷害保険
  • 超過手荷物料金:規定の個数、重量を超える分について
  • オプショナルツアー:希望者のみ参加する別途料金の小旅行
  • 別行動費用:現地にて団体を離れて別行動をとる際にかかる諸費用
  • その他:行程表中に明示していないこと
  • 国内移動交通費:日本国内における出発空港まで及び到着空港からの交通費及び宿泊費
  •  
【キャンセル料、変更手数料金規定】
  • 航空券、宿泊ホテルが確保でき次第、旅行会社よりメールまたは電話にて連絡のうえ、正式な「お申込書」を送付いたします。当「お申込書」のご返送および「予約金」の入金を以って予約の成立となります。なお、予約成立後のキャンセル・変更は所定のキャンセル料・手数料がかかります。金額については事前に旅行会社よりご案内差し上げます。
 
★イベントの内容に関するお問い合わせ
【イベント企画】
株式会社FPコミュニケーションズ 担当/松舟、三宅
〒272-0138 千葉県市川市南行徳1-20-13 3F
TEL:047-390-2175(平日9:30-17:30)FAX:047-390-2176
E-mail:srilanka@superfp.com
 
★旅行のお申込み手続きに関するお問い合わせ
【旅行企画・実施】
株式会社トラベルパートナーズ 担当/松川、戸塚
観光庁長官登録旅行業第1623号 (一社)日本旅行業協会JATA正会員
総合旅行業務取扱管理者:戸塚雄二
〒103-0015東京都中央区日本橋箱崎町25-6 KCMビル
TEL:03-5645-3700(平日10:00-18:00)FAX:03-5645-3775
E-mail:yuriko-matsukawa@travelpartners.jp

今すぐ浦田健と行く海外不動産視察の旅に申込む

このページのTOPへ▲